ATOM Surfboard Squawker v2 model
ATOM Surfboard Squawker v2 model

ATOM Surfboard Squawker v2 model
ATOM Surfboard Squawker v2 model

いまのスコーカーをベースにチューニング
“Squawker v2″(スコーカーv2)

ATOM Surfboard “Squawker v2” model
length 5’7″(170.1cm) x width 18 1/2″(47.0cm) x thickness 2 1/8″(5.4cm)23.40 litters
カスタマーデータ:身長162cm – 体重55kg – アベレージレベル

このSquawker v2モデルは、初代Squawkerモデルをベースに、
Squawker v2モデルのアウトライン、ノーズロッカーを移植した、
初代とv2(ver.2)のハイブリッドなボードです。

Squawker v2モデルの詳細は、こちらのページをご覧ください。

 

1本目をベースにバージョンアップ

このユーザーさんは初代スコーカーに乗られていて、
小波からアベレージサイズまですごく調子いい、
これからはターンをもっとしっかり覚えたいということで、
いまのボードをお預かりして、
レールボリュームを確認しながらシェープしました。

同じフィーリングの中でドライブ性アップのため、レールボリュームをアップ、
テール形状をラウンドからスカッシュに変更してデザインしました。

 

リッター数の有効活用

今回のボードは以前のスコーカーと比較して、
リッター数(体積値)でいうと、0.1Littersアップさせました。
ラウンドからスカッシュに変わっているので、およそその分アップしたイメージですが、
実際に乗られた感じでは、この新しいSquawker v2のほうがテイクオフがはやく、
動きがクイックになったとフィードバックをいただいています。

このような2本のボードを比較する場合には、
レングス、ワイズ、シックネスにプラスしてリッター数も参考にできます。

 

コンピューターシェープならではのたのしみ

このユーザーさんは、そのあたりをとてもご理解いただいていて、
いま乗られているボードのデータをチューニングしていく楽しみも感じていただいていて、
サーフボードっておもしろいですねと、
コンピューターシェープでのカスタムオーダーを楽しんでいただいています。

 

このスコーカーv2で、しっかりターンをマスターしてくださいね!

 

ATOM Surfboard
ATOM Surfboard